ウーマン

化粧水でケアして肌の潤い取り戻す|乾燥肌の改善法ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感な肌にあう基礎化粧品

脚を触る女性

敏感肌の人が増えており、各化粧品会社が、敏感肌向けのラインナップをそろえています。とくに、洗顔の後すぐに肌に直接潤いを与えるための化粧水は、敏感肌用の製品が多く開発されていて人気です。敏感肌向けの化粧水は、刺激を与えるものが配合されていないシンプルな成分でできたものが主流です。どんなに美容効果がある化粧水でも、敏感肌が反応してしまうのであっては意味が無いからです。中でも、皮膚の保湿成分を高めることで肌の過敏を防ぐセラミドの入っているものが好評です。使うともっちりとした肌触りになり、皮膚の安定性が高まります。一口に敏感肌用と言っても成分や処方はさまざまなので、トライアルキットなどで実際に試してみることが大切です。

敏感肌の人は、敏感肌用の化粧水を試すときの方法も慎重であるべきです。敏感肌の人は、アレルギーになっていることが少なくないため、顔に使用する前に、まず二の腕の内側でパッチテストをして、身体が炎症などの反応を起こさないか確認しましょう。次に、実際に顔に使用するタイミングですが、生理直前や、疲れが溜まっている時、肌トラブルのある時などは、避けることが望ましいです。ただでさえ敏感な肌が過敏に反応する恐れがあるためです。実際に使うときは、コットンではなく、手のひらを使って、少量だけつけましょう。敏感肌用とはいえ、今までと違う化粧水なので肌がびっくりしてしまうかもしれないので気をつけましょう。以上のようなことに注意して、少しずつ化粧水に慣れるようにします。