ウーマン

化粧水でケアして肌の潤い取り戻す|乾燥肌の改善法ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌用の美容商品

頬を触る人

成分表記の確認の仕方

appsが使用されている化粧水は、次世代型のビタミンc誘導体の商品と言われています。appsの化粧水を選ぶときには、配合量を確認してから購入することが大切です。化粧品には全ての成分を表示することが義務付けられていて、配合量の多い成分から順番に掲載されます。そのために化粧水を購入するときに、成分表示で記載されているものの中の1番上を確認することで、その商品で最もどの成分が多く含まれているのか把握できます。appsは正式な成分名ではなく、正式にはパルミチン酸アスコルビルリン酸2Naという名称です。この名前が化粧水の成分の中で、一番上に記載されているものを選択することがおすすめです。別の成分が一番上に書いてある化粧水であれば、appsがあまり配合されていない可能性があるので注意が必要です。

刺激が少ない商品です

appsの化粧水は通常時のビタミンc誘導体と比較したときに、肌に浸透していく能力が100倍あると言われています。この浸透力は美容皮膚科で使用されているビタミンc誘導体よりも高く、イオン導入などの美容施術を受けるよりも、appsの化粧水を使用するほうが高い効果を得ることが可能です。水溶性のビタミンc誘導体の商品であれば、使用したときに肌が刺激を受けることが多いですが、appsには油溶性のビタミンc誘導体も含まれているために刺激が少ない点が特徴です。appsであれば低刺激の成分と言えますので、敏感肌の人の場合には通常のビタミンc誘導体の商品よりもappsのものを選ぶことがおすすめです。水溶性と油溶性の両面の長所を引き継いでいますので、持続性の面でも期待できます。ニキビケアのためであったり、シワやシミの改善のために役立つ化粧水として人気があります。